よさこい祭りについて
とらっくよさこい(ちふれ)

高知市では毎年8月9日から8月12日までの4日間、よさこい祭りが開催されています。よさこい祭り(よさこい鳴子踊り)は、「鳴子(なるこ)」を持った踊り子たちがよさこい節に合わせて市内各地の競演場・演舞場(日曜市で有名な追手筋をはじめ、中央公園升形など)や帯屋町の繁華街を踊り歩く情熱的なお祭りです。

よさこい祭りの衣装は伝統的な法被・着物から、現代的なコスチュームまで、バラエティに富んでいます。また、昔はいわゆる正調よさこい鳴子踊りが主流だったようですが、最近ではそれに加えてロック調、サンバ調、クラブ調あるいは演歌調など、各チームがアレンジしたさまざまな楽曲と振り付けが披露されます。

よさこい祭りは、いわゆる5大要素と言われる「鳴子」「衣装」「楽曲」「振り付け」「地方車」を見て聞いて感じる、楽しくも感動的な祭りに成長しました。県外の方も是非ご覧になり、また参加されることをお勧めします。


歴史


戻る